カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 【D0動画】V-1グランプリ式限定戦 【D0動画】閣下VS天魔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0動画

【D0動画】考察動画 エビアクトレス

 
 【D0動画】V-1グランプリ式限定戦 【D0動画】閣下VS天魔
「話題の無限コンボ」をやってみた動画です。

アクトレスエビアクトレス
使用コスト:青1無1 移動コスト:青1 パワー:1000 スマッシュ:1
●団結(デッキに好きな枚数入れてよい。)
●プランゾーン効果(プランゾーンで有効になる。)『バトルスペースのすべての種族「メタルロブスター」のあなたのユニットに以下の能力を与える。『[無0] 《クイック》 あなたのプランゾーンの種族「メタルロブスター」のユニットをこのカードのあるスクエアにリリースして置き、このカードを持ち主の山札の1番上に表向きで置く。この能力は1ターンに1度しか使用できない。』』


さて、この動画を公開した直後に、《エビアクトレス》は制限化されました。
大会で使われることがなくなって、沢山の人が安心したと思います。
が、実際このデッキって、本当に強かったのか…!?
画像版権表示(c)BROCCOLI 


このデッキは、無敵に見えて弱点もあります。
相手が《ーラービームサテライト》や《王者の証》などで《ロスト・ワールド》を破壊してきた場合、
あっさりコンボが止まるんです。
また、《産卵科病棟》から《レディ・スネア》が出てきても、エビアクトレス》が全滅。
冷静に考えるといくつか対処法があるんですね…。
「実は、すぐに制限化しなくても良かったのでは?」なんて思ったり。

ともあれ、「楽しいデッキ」ではないため、いなくなって正解だったかな?
アクトレスデッキ】が存在すると、ベースを対処できないデッキは大会で使い物にならなかったはず。
もっと言えば、V1のカードプールだとほとんどのデッキが、2ターン目の《ロスト・ワールド》からの無限コンボに、対応不可能でした。
アクトレス》がいなくなったおかげで、様々なデッキがバランスよく戦える環境になったのですね。

唯一残念だったのは、純粋な【エビデッキ】まで組みにくくなったことでした。
が、それもV-2で《エビシーフ》が再録され、なんとかなりそうです。
公式の対応に感謝!

画像版権表示(c)BROCCOLI 
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0動画
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【【D0動画】V-1グランプリ式限定戦】へ
  • 【【D0動画】閣下VS天魔】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。