カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 【D0動画】青単VSカエル 【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた②【エクゾVSスタンⅠ】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0動画

【D0動画】レアスクラップコン紹介

 
 【D0動画】青単VSカエル 【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた②【エクゾVSスタンⅠ】
クラップコンデッキの動画です。

対戦形式でデッキを紹介します。
《スクラップ・ファクトリー》
 さて、僕はV1グランプリでこのデッキを使って本戦出場権を取りました。だから結構強いはずです!
 ただ過去のデッキ紹介と違い高額カードばかりで全然組みやすくないんですがまぁ、参考までにご覧ください。デッキ解説というより、構築の過程説明になると思いますし。
 あと、一応言っておくと、動画のプレイングは動画撮影の緊張で変な感じになってるので、あまり参考にしないで下さいね。
画像版権表示(c)BROCCOLI 


《忠実なる闘士フェンリル》  環境の確認と誕生秘話
 このデッキは、いつもの動画で使うようなデッキとは違ます。
 「よしこのカードを使おう」という所が、構築のスタートではないのです。大会で結果を出すことを意識して組んだため、まずは「どういうデッキにどう勝つか」の考察がスタートラインです。
 V1グランプリ環境では、最初に白系のビートがトップメタでした。スマッシュを封じ味方をパンプする《忠実なる闘士フェンリル》が出現し、環境の覇権を握り始めたのです。
 同じビートで相手をしようとしても、こいつに勝つのは難しい。
 ⅢからⅣ前半まで強かった赤緑ビートは《犬闘士フェンリル》の餌食。(お家芸の自爆スマッシュが、フェンリルの能力のせいで本当の自殺行為になる。)しかし、それ以外のビートもV1限定の構築戦ではカードプール不足で勝ちにくい。フレアロードなどがその例で、Ⅳのカードがないと今一つ勝ちにくかった。
 だから、予選中盤から増えたのは、青黒のコントロールでした。序盤は《ケット・シー》《忠実なる闘士フェンリル》などを潰し、中盤は《懺悔の螺旋階段》でピーピング。後半は《幽魔タスヴィーリー》《断裂の魔氷クレバス》で盤面をひっくり返して押し切るデッキです。

 さて、ここまでが環境背景の確認。では僕がどう考えたかはここからです。

懺悔  まず勝つには《ケット・シー》の投入が必須だと考えました。《忠実なる闘士フェンリル》はもちろん、《七つの海の王子》《花園の歌姫》など強力な2コストユニットがいましたし、何より「覚醒」が多い環境なのです。《ケット・シー》で「覚醒の種」となる小型を潰せれば、ビートのテンポは完全に崩せます。逆にそうやって崩されてしまうビートを使うことは危険だと判断し、《忠実なる闘士フェンリル》を3枚持っていても、V1グランプリで使う事は考えませんでした。
 そこで、コントロールを使うことをにしたのですが、青黒は使いたくありませんでした。好みの問題もさることながら、《グランドロイヤル・オペラハウス》《地の獄の針山》などのベースを破壊出来ない青黒が、強く感じられなかったためです。(V1グランプリだと青黒でベースに触れるカードは非常に少なく、バウンスするだけの《蒼王星キングトライデント》《船首で歌う魔女》くらいでした。)
 まぁ本当は、《グランドロイヤル・オペラハウス》を張られようと《忠実なる闘士フェンリル》を出されようとプレイング次第で勝てるかもしれないので「○○を除去できないから使いたくない」という発想は早計なのですが、構想段階では、できれば弱点がないくらいのものにしたかったのです。
 そこで赤黒に行きつきます。《ライトニングホーン・ドラゴン》でベースを除外出来、《ケット・シー》《幽魔タスヴィーリー》でユニットも除去可能。《ミラージュ・スナイパー》《声をひそめる人形レイラ》という強力なプランジャーが、6枚も投入出来ます。(《ミラージュ・スナイパー》はコストに関係ないという意味で5色の中で最も優秀。《神を討つ魔剣の勇者》《祭儀の踊り子リムセ》を潰せる《声をひそめる人形レイラ》も間違いなく強い、と思った。)
 プランジャーのコントロール力が凄まじいのは言うまでもありませんが、《懺悔の螺旋階段》とのシナジーも美しい。仮想敵である青黒のコントロールが《懺悔の螺旋階段》を積極的に使ってくる以上、自分もこれを使わないと青黒相手に勝ち目がないのです。その点、《懺悔の螺旋階段》のラインにプランジャーをプレイすれば、ハンデスとボードコントロールを両立出来ます。
 しかし、問題が三点ありました。
 ①プランジャーが重い
 ②懺悔を割られる
 ③ハンドキープできない
 の三つです。
《声をひそめる人形レイラ》  ①は文字通り。Ⅰ環境でプランジャーが猛威を揮った頃とはゲームの速度が違います。補給・急襲・覚醒でとんでもない速度でゲームが進行するのに、1コストでプラン作成+4コストプレイ(=5コストも使用)したくないのです。
 ②は赤黒相手の時。《懺悔の螺旋階段》が割られると、急にコントロール力が下がってしまうのです。
 ③は青黒の時。お互い《懺悔の螺旋階段》でハンデスし合うと、ドローが出来る青黒が勝ちます。しかし赤黒で手札を増せるカードは、《往復ビンタ》《絶対的終身雇用》くらい。弱くはないが、ベストでもない。

 これらの問題への回答として、《スクラップ・ファクトリー》に行きつきます。

 長くなったので、まさかの「続く」! (我ながらこんなに長くなるとは思わなかったぜ)

画像版権表示(c)BROCCOLI 
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0動画
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【【D0動画】青単VSカエル】へ
  • 【【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた②【エクゾVSスタンⅠ】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。