カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた②【エクゾVSスタンⅠ】 【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた③【エクゾVSスタンⅢ】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

遊戯王動画

【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた③【エクゾVSスタンⅡ】

 
 【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた②【エクゾVSスタンⅠ】 【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた③【エクゾVSスタンⅢ】
遊戯王動画3つ目。

前回の動画のサイドチェンジ後です。
押収

 さて、遊戯王は手札一枚がライフ1000相当でデザインされているらしい話を聞きました。
 《成金ゴブリン》や《押収》を見ると確かに1000増減してますね。
 ってちょっとまて、ハンド1枚で1000じゃなかろう!
 それなら俺、1ターン目に7000ライフ払って7ドローしたいぞ!

 ゲームは、カードを6枚ドローして、そこから動き出す。
 毎ターンドローしつつも、お互いに破壊したり・されたりするんだから、カード枚数の総量はそこまで変わらない。
 となると、最後まで6枚のカードを駆使して相手のライフを削りきってるとも言えます。
 (増えてても、その6枚を駆使して増やした訳ですし)
 ならば8000÷6=1333で一枚の手札は、最低でも1333のはず!

 まさか、1333を大雑把に四捨五入して1000ってことなのでしょうかね…?
 ともあれ、実際は平均攻撃力ラインの2000前後だと思います。
 絶対に1000ではないでしょう。
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   遊戯王動画
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた②【エクゾVSスタンⅠ】】へ
  • 【【遊戯王動画】あの頃のカードでデュエルしてみた③【エクゾVSスタンⅢ】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。