カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 春篠さんの「春篠専門店」をリンクに追加! イメージできる! ヴァンガード ルール説明付き対戦
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0関連の記事

レアスクラップコン解説②

 
 春篠さんの「春篠専門店」をリンクに追加! イメージできる! ヴァンガード ルール説明付き対戦
 スクラップコンの解説の第二回目。
 前回、V1の赤黒のコントロールには

 ①プランジャーが重い
 ②懺悔を割られる
 ③ハンドキープできない


 という三つの問題がある。それの回答が、《スクラップ・ファクトリー》だという所まで説明しました。
 なぜ《スクラップ・ファクトリー》なのか?
 それを順に説明していきましょう。

《声をひそめる人形レイラ》  ※前回説明しなかったので一応補足。「プランジャー」とはプランからスクエアに置かれた時除去能力が誘発するユニットです。現在の通常構築戦では基本的に《ミラージュ・スナイパー》《声をひそめる人形レイラ》《静寂の魔女レギニータ》《アセンション・エンジェル》《妖魔の精霊使いアスタ》のことを指します。

 ①プランジャーが重い
 さて、これは簡単ですね。
 プランを作成してプランジャーを出すために、合計5コストもかかってしまう。
 ならば、5ターン目に5コストの《スクラップ・ファクトリー》を張り、あとは「自動的にプランジャーが出てくる状態」を作ってしまえば良いと考えたのです。
 《スクラップ・ファクトリー》は重いベースというイメージがありますが、コストパフォーマンスは決して悪くない。4コスト以上のユニットが一体出るだけで元はとれています。
 ましてこのデッキはプランジャーが6枚体制。とても相性が良いです。
 「でも《スクラップ・ファクトリー》の能力でプランジャーが出るとは限らないだろ」
という意見は最もなのですが、それは通常のプランでも同じこと。出ない時は出ないのです。
 それならコストを踏み倒せる方が良いでしょう。
 あとは構築で「プランジャーを増やせば良い」のですが、まぁそれは③で説明します。


《ソーラービーム・サテライト》 ②懺悔を割られる
 これはちょっとややこしいのですが「相手がベースを破壊する手段は限られている」ということがポイントです。
 《懺悔の螺旋階段》を単体で張ると相手に割られてしまうのですが、《懺悔の螺旋階段》《スクラップ・ファクトリー》二枚張ったらどうでしょう?
 両方を直ちに破壊できるはずがはありませんね。基本、片方は残るのです。
 もし《懺悔の螺旋階段》が残れば、ピーピングしながらプランジャーをプレイしてコントロール。
 もし《スクラップ・ファクトリー》が残れば、通常プレイとスクラップの能力でプランジャーを沢山出し、二重のボードコントロールをします。
 もし両方残ったりすれば勝利は目前。《スクラップ・ファクトリー》の能力で《懺悔の螺旋階段》ラインにプランジャーを出すことで、0コストで自分のユニットを展開し、相手ユニットを除去し、ピーピングすることができます。
 どのパターンでも戦う事が可能で、対応力があると言えますね。


《レディ・カメリア》 ③ハンドキープできない 
 これは、逆説的回答です。
 「ハンドキープできないからハンドを増やそう」という考え方は後手に回ります。どこまで工夫しても、赤黒が青系以上に沢山の手札を確保するなど不可能。
 ならば、ハンドには最低限に必要なものだけを握り込み、「手札が少なくても戦えるデッキ」にするべきだと思いました。
 具体的に言えば、プランを使うのです。
 D0は手札がなくてもプランゾーンからユニットを展開できるゲーム。
 前述のプランジャーも、プランからのプレイが基本です。極論、もしプランジャー40枚でデッキを作ることが出来れば、手札が0枚でもそこそこ戦えるデッキが作れるだろう、という理屈。
 だから、プランジャーを増やすことにしました。
 もちろん基本的にプランジャーとは《ミラージュ・スナイパー》等の4コストサイクルだけを指します。が、《シャイニング・ハンター》《レディ・カメリア》などの「疑似プランジャー」も存在します。
 また、《クリムゾン・ドラゴン》等もプランからプレイしやすく1:2交換が可能と言う点では、同様の働きをしてくれる。それらを3枚ずつ投入すれば、デッキの半分くらいはプランジャー(およびプランジャーもどき)にすることが可能なのです。
 それらのユニットは全て《スクラップ・ファクトリー》とのシナジーもあるのですから、これでデッキの方向性が定まってきますね。

 と言う訳でV1環境のコントロールには《スクラップ・ファクトリー》が良く合いそうだと結論した訳です。
 では、長くなったため今回はおしまい。まさかの「また続く」!
 次回もお楽しみに。
画像版権表示(c)BROCCOLI
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0関連の記事
*Edit ▽TB[0]▽CO[4]   

~ Comment ~

 

最近、フィーリングで適当構築しかしていない身としては
非常に参考になります。

特にハンドキープの項目は目から鱗でしたわ。

続き楽しみに待ってます。

Re: タイトルなし 

 コメントありがとうございます。

 D0は「~が苦手だから対策しよう」と思った時の「対策手段」が多くて面白いですよね。
 相手の懺悔が怖いなら、ベース対策をしてもよし、手札を使わないデッキにするもよし、イージスシールド・エンジェルを使うもよし…。
 驚くべき構築の幅です。

NoTitle 

どうも、漆黒です。


たしかに、ハンドが増やせないなら増やさないでいい。この発想はなかなかたどりつかないものだと思いました。・・・たしかに、D0はハンドの”質”が求められることって意外に多いんですよね。使えるエネルギーは限られているので。


あと、スクラップファクトリーって、今回の禁呪2、7コストフォーリナーンを出すのにも役に立ちますね。八岐大蛇がタダで・・・ガクガクブルブル

Re: NoTitle 

《八岐大蛇》も出ますねー。
でも入れるかと言うと、入れないような…。

なんだかんだでベースもさわれる《アニヒレイト・ドラゴン》と、環境によって《ケット・シー》や《光の勇者マキリ》で禁呪埋まるかなと。
なんであの《森の守り神キーマ》サイクルは禁呪2なんでしょうね。
強いには強いけれど、《七つの海の王子》や《神を討つ魔剣の勇者》《光の勇者マキリ》が禁呪1。
しかもこれらの方が汎用性高いため、こちらを投入したくなってしまいます。
今のところフォーリナーデッキでのみ活躍する人たちですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【春篠さんの「春篠専門店」をリンクに追加!】へ
  • 【イメージできる! ヴァンガード ルール説明付き対戦】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。