カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 すぐわかるD0カードゲーム初心者講座!  補講 初心者から質問メールをいただきました!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0初心者講座

レアなし! 組みやすい青白バニラデッキ

 
 すぐわかるD0カードゲーム初心者講座!  補講 初心者から質問メールをいただきました!
ウォッカ どうも皆様はじめまして! ミヤマコと申します。
 プレイ動画「3代目右の人」であり、「ルール解説動画1~3回」の聞き手。
 今回は「レアカードなし!組みやすいデッキ紹介」ということで、以前交流会で使った「青白バニラビート」を紹介します。

画像版権表示(c)BROCCOLI 


 デッキレシピ
 《恵みの雨の魔女》*3
 《ピパ・ナイト》*3
 《ソルティ・ドッグ》*3
 《監督官マイア》*3
 《大いなる杯の乙女》*3
 《聖騎士ホーリー・クレイモア》*3
 《ウォッカ・ギムレット》*3

 《鎧闘士カニスティール》*3
 《海底都市中央銀行》*3
 《護身術道場》*3
 《ソーラービーム・サテライト》*2

 《再改造手術》*3
 《ピカレスク・ロマン》*2
 《不運の始まり》*3



 青白バニラビートとは?
 「バニラ」=「テキストのないユニット」っちゅーのは皆様ご存知でしょう。
 このデッキはそんな高パワーバニラを主役にしています。
 「所詮バニラじゃ強力な効果を持つユニットには劣るんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
 ですが、パワーが高いということは「死ににくい」ということ。ビートでは非常に重要な意味を持ちます。
 (その辺の話は管理人が過去にしてますね)
 サポートカードと組み合わせることで、バニラが強力な効果を持つユニットを凌ぐことも不可能ではありません!
 という訳で、《ウォッカ・ギムレット》を早出しし、サポートカードで押し切るのがこのデッキです。

 主役たちの紹介
 《ウォッカ・ギムレット》
 8エネ最上級バニラ。
 このデッキでは、いろいろなカードのサポートにより早出しが可能。
 素でパワー12000はD0界No.1。

恵み  《恵みの雨の魔女》
 死んだ時、死んだ場所に手札のバニラを1枚出すことができます。
 中央投下すれば、すぐに最上級ユニット《ウォッカ・ギムレット》を中央に出すことが可能です。
 また、「補給」能力を持ちます。
 (「補給」=貼られたベースの数だけ使用コストを軽減する)

 《大いなる杯の乙女》
《大いなる杯の乙女》 こいつも「補給」もち。このカードが出た時、山札から使用コストが合計8になるように2枚までバニラ、もしくはスマ0のカードを手札に加えます。
 《ウォッカ・ギムレット》を1枚加えてもいいし、《ソルティ・ドッグ》《鎧闘士カニスティール》《聖騎士ホーリー・クレイモア》などを2枚選んでもいいでしょう。
 地味にスマッシュが2あるので詰めにも使えます。

 《護身術道場》
 バニラサポートベース 。
護身術 能力は同ラインの味方ユニットの(バニラ以外も全て)パワー+1000。
 さらに、バニラを「対象にならない」状態にします 。
 わかりやすく言えば、「殆どのストラテジーやユニットの能力で殺されなくなる」ということです。
 相手は「対象を選ばない除去」を撃つか、ユニットでバニラを踏むことを強いられます。
 しかしバニラはパワーが高いので簡単に踏まれません。対象を取らない除去もデッキに入ってすらいない可能性あり。非常に極力なカードでしょう。
 ところで、なんでカエルしかいないんだこの道場。


 デッキの使い方

 序盤(1~3ターンくらい)
 ベースを張ったり、下級ユニットの《聖騎士ホーリー・クレイモア》、《ピパ・ナイト》を出します。 《不運の始まり》で相手の妨害なんかもいいですね。

 中盤(4~6くらい)
 「補給」持ちのユニットやストラテジーでカードアドを稼ぎます。もしくはバニラの《ソルティ・ドッグ》で場を制圧します。 そろそろスマを入れてく可能性もありますね。

 後半(それ以降)

 《恵みの雨の魔女》や《ピカレスク・ロマン》《ウォッカ・ギムレット》《護身術道場》ラインに出して制圧。 スマが十分に入っているなら、《監督官マイア》でとどめを刺します。


 その他のカード解説
 《ピパ・ナイト》
 1エネで出て1エネで動く最軽量バニラ。パワーが4000と強大。 デメリットとしてスマ0 使用タイミングがノーマル(自分のターンにしか出せない) 序盤のユニット戦では頼りになるカエル。

《ソルティ・ドッグ》  《ソルティ・ドッグ》
 禁呪2(※禁呪=この数字が合計10以下でデッキを組まなくてはならない。強力なカードに付いている。)をもつバニラ。4エネのくせにパワー7500スマ1と強力だが、《ピパ・ナイト》と同様、使用タイミングはノーマル。相手ターンに出せないので注意。

 《鎧闘士カニスティール》
 多色で軽い3エネバニラ。 エネゾーンに置けば色事故回避、手札からは3エネで6000パワーの除去として優秀です。移動は3エネと重いので注意。

 《聖騎士ホーリー・クレイモア》
 「呼声」能力もち。(他のユニットの使用・移動コストを、こいつをフリーズすることで無色1減らす。)使用も移動も重いバニラユニットを、軽くしてくれます。 テキスト上はスマ0のため、《大いなる杯の乙女》で手札に加えることが可能です。条件付きでスマが1になって、詰めにも使える頼もしいユニット。剣振りかざしたゴーレム。

《監督工マイア》  《監督官マイア》
 「白」ベースをフリーズすることで出したターンでも移動できる「リリースイン」能力のユニット。(厳密には「移動」ではない) 相手ユニットとのバトルに勝つことでスマッシュを回復するか、ベースを1枚破壊する能力を持ちます。最後の詰めや凌ぎに使えるでしょう。しかしでっかいなこの娘。

 《海底都市中央銀行》
 フリーズすることでデッキの1番上のカードを見て、いらないなら下に送ることができます。プラン事故を軽減する二匹の狛犬。 このデッキには「補給」持ちユニットがいるので、ベースは貼るだけで意味があるでしょう。

 《ソーラービーム・サテライト》
 破棄することで相手のベースを破壊する、ベースメタベース。仲間内では「なんかソーセージに見える」と評判。

《ピカレスク・ロマン》
 《ピカレスク・ロマン》
 「カードを2枚引く」「手札からユニットを出す」「手札からベースを出す」のいずれかを2つを行うやや重めのストラテジー。
基本は「2枚引きつつ、手札のでっかいバニラを出す」でしょうか。何つー渋い鳥だ。

 《再改造手術》
 「補給」持ちの2ドローカード。日本選手権2009年秋で最も使われた強カードです。
 このデッキは《恵みの雨の魔女》《ピカレスク・ロマン》を使います。でっかいバニラを手札に握っておきたいため、ドローカードは重要です。このカードならば、ベースが3枚あれば、1エネ・2ドロー可能!
 関係ないけどエビをカニが手術してるイラストはなんかシュール……。

 《不運の始まり》
 1エネで1ドロー+相手のデッキの上3枚を操作可能です。プランから打てれば純粋に1枚手札が増えます。
 また、相手のプラン更新にスタックすれば更新を無効化することもできます(プラン作成は無効化できない このテクニック今度説明します。)
 イケメンのドヤ顔イラストとドヤフレーバーが相まって、使われたらムカつく1枚。

 改良案
 その他入れてもよいカード。入れるのを悩んだカードを紹介します。またこのデッキはコモン・アンコモン戦で使用したデッキのため、レアを入れることによって強化が可能です。

《ギムレット》
《ブルー・ムーン》
 どちらもレアのバニラ
 6コストでパワー8500にスマ2と非常に強力です。《ウォッカ・ギムレット》とともに、デッキの中心を担えます。

《マザー・シップ》
 3エネで張れる白ベース。メインフェイズ開始時にプランをめくり、そのカードがバニラかスマ0なら手札に加える。
 バニラが出なくてもただで毎ターンプランがめくれるので、コストパフォーマンスは高い。もうちょっとバニラが多かったら採用したと思います。(このカードを使ったほうが強い、という結論もあり得ます)

《ゲーム・オーバー》
《聖なる遺志》
 除去カード。このデッキには単純に相手のカードを除去するカードが入っていないため、対応力を上げたいなら入れて良いでしょう。どちらもレアですが、手に入らない場合は《悪の枢軸》のなどで代用可能。

《無限のミラージュ》
 移動が重いバニラを、クイック移動させられます。プランから使えば手札が増えるのもポイント。

《大陸アルドのケンタウロスナイト》《ペイントマンクイーン》
《大陸アルドのケンタウロスナイト》
 スマ0のかわりにパワーの高い人たち。どうしても入れたいカードではないのですが、最新弾V-2「栄光の鐘」に封入されているため、入手しやすいかも知れません。せっかくだったら使ってあげるのもアリ。


 最後に
 ここまで読んでいただきありがとうございました。
 青白バニラデッキは、ディメンション・ウエンズデーさんATK -Atoitok Group-さんでも紹介されておりますので、是非お読みください
 初心者、上級者問わず、ご意見、ご批判お待ちしてます。
 (文章読みずらい、長い、カードセレクトおかしい、ここ間違ってない?等々……)
 それでは、また今度!

 2011年1月21日 ミヤマコ

画像版権表示(c)BROCCOLI
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0初心者講座
*Edit ▽TB[0]▽CO[5]   

~ Comment ~

NoTitle 

バニラデッキ、簡単そうでいて奥が深いですよね。ギミックも色々ありますし。


ちょっと、記事の色から外れますが、自分は黒白バニラがお勧めです。墓地回収の処刑人レオナルドや、デッキサーチの大いなる胚の乙女を中心にハンドアドを稼ぎながら戦うデッキです。ほら、どんなでかいユニットもパワー5000以上を何枚も投げつければ死にますよね(笑)先の2枚で補充もできるので投げつけ要因はばっちりです!しかも、補充要員の2枚は補給持ちなのでベースと相性がいいのも○。


と、いろいろ楽しいので、コントロールが好きだぜ!と、いう方は黒白でもいいかもしれません。


なんか、記事本文とあまり関係ないですね・・・・長文、失礼しました。

Re: NoTitle 

白黒面白いですね。《呪術研究所》のハンデスとボードコントロールがあったりして。
ただコントロール組んでると、自然にレアが増えるんですよね。
入れない理由ない除去カードや堅実なアドを生み出すカードは、往々にしてレア。
これから始める人には勧めにくいなと。それは《妖魔の司祭》が絡むバニラなどでもなんですが。

もし新規が組めるレオナルドコン開発したら、漆黒さんの自身のブログで紹介してみてくださいね!

NoTitle 

コメントありがとうございます

レオナルドのアドの稼ぎ方は確かに目を見張るものがありますよね。

実はこのデッキ、最初は白黒青の3色デッキでした。
黒はタッチ程度でしたが、レオナルド・呪術研究所・パニヴォなどが活躍します。

ただ、管理人の言うとおりSレアの殺意がほしくなったり、ピカレスクロマンの青2が3色だと厳しそうだったり、調整の時間がなかったりで諦めました。

交流会の時はピカレスクを使いたかったので結局青白に落ち着きましたが、いつかは白黒や3色にチャレンジしたいですね

NoTitle 

改良案についてですが、
SRですが、フェンリル採用すると一方的にスマッシュを通せますよ。
除去カード採用の代わりにボーイミーツガールで耐性を乗せるのも
いいと思います。護身術だけだと王子出されたらひき殺されるので・・・。
後は、万能な受けが出来るブルショットorシェカラート採用がオススメです。

Re: NoTitle 

 《忠実なる闘士フェンリル》か《ソルティ・ドッグ》か《ピカレスク・ロマン》か…。
 禁呪の使い方は難しいですね。
 個人的には、現環境のパワー勝負の要である7500をもつ《ソルティ・ドッグ》が《護身術道場》に立つと、8500の「対象取られない」ユニットになり禁呪2以上の働きをしてくれるため、あまり抜きたくはない所。
 《ピカレスク・ロマン》を素直に《忠実なる闘士フェンリル》にしても良いのでしょうかね。

 ボーイミーツはRを入れて良いなら真っ先に入れたいです。ビートの天敵《七つの海の王子》を妨害し、ハンドキープ手段となり、確実に詰めたいときにも重宝します。
 でも使えるタイミングは限られますし、枚数をどうするかが悩ましかったりします。D0のデッキで考えるべきことは本当に多い。

 こうしてああでもないこうでもないと悩むのが、デッキ作りの楽しさですね!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【すぐわかるD0カードゲーム初心者講座!  補講】へ
  • 【初心者から質問メールをいただきました!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。