カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 【サキュバス】に関するtwitter議論をまとめました! 買うならこれ! D0オススメ商品紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0初心者講座

キーワード能力解説シリーズ① 『覚醒』って何?

 
 【サキュバス】に関するtwitter議論をまとめました! 買うならこれ! D0オススメ商品紹介
 キーワード能力解説シリーズ① 『覚醒』って何?

 皆さんはじめまして。「対戦動画初代右の人」ことつばさです。
 今回は、よく使われるキーワード能力、『覚醒』について紹介します!
 さてその前に、そもそもキーワード能力とは一体何なのか。そこから説明しましょう。

《妖魔の預言者》 キーワード能力って?
 簡単に言うと、特定の能力を、一つの用語として表したもの。
 例えば、ルール解説動画補講で紹介した『加速』という能力は本来、
「第一バトルステップでダメージを与える」というもの。
 この文章は長ったらしいので、一目見てわかるように『加速』という一つの用語で表しているわけですね。

 さて、このキーワード能力、結構数は多いですが、プレイしてカードに触れていくと自然に覚えます。ご安心を。
 もちろんここでも分かりやすく解説していきますよ!
 それでは『覚醒』とはどんな能力なのか。
 このブログでもいくつか覚醒を利用したデッキを紹介しているので、知っている方も多いかもしれませんね。

画像版権表示(c)BROCCOLI 


 『覚醒』はこんな効果!
 覚醒はざっくりと言ってしまえば、プランからプレイする際のコストの肩代わりをする能力。
《建築家スラシュ・ライト》「プランゾーン効果『覚醒―[バトルスペースのリリース状態のあなたのユニットを1枚選び、フリーズする]」
 と書いてあれば、プランにあるとき、通常のプレイにかかるエネルギーコストの代わりに、リリースしているユニットをフリーズすることでプレイできます。
 つまり、覚醒のコストを払える状態であれば、序盤からの大量展開や、中型ユニットの展開が狙えます!
 この『覚醒』の能力は全てプランゾーン効果。プランに見えなければただの重たいユニットあるいはスペックの低いユニットであることが多いです。
「じゃあそれ運ゲーじゃね?」と思われるかもしれませんが、そこまで単純なものでもありません。当然構築やプレイングが絡んできます。


 『覚醒』を生かすためには
 『覚醒』を使ったビートダウンデッキならば、序盤からの大量展開を狙いたいところ。
《大陸アルドのキメラ》 『覚醒』のコストにはいろいろなものがありますが、狙いやすいのは[ユニットをフリーズする]タイプの『覚醒』です。
 ここで重要になってくるのが俗に「『覚醒』の種」と呼ばれる、フリーズするためのユニット。それを1、2ターン目出し、後はそれをコストにして次々と『覚醒』していく訳です。 「一体の種が、何体もの『覚醒』ユニットを呼び出す」と言えばわかりやすいでしょうか。
 「種」には1コストのバニラユニットや呼び声ユニット、《香魔マナカ》《忠実なる闘士フェンリル》なんかがよく使われています。
 「プランに『覚醒』持ちユニットがあるのに出せない! (=コストにするユニットがいない)」
《フロッグナイト・タクティクス》 という状態を極力避けるために、軽いユニットを最初に手札から出したいということですね。ここでデッキ構築のバランスが問われます。
 またわかりやすいところでは、『覚醒』持ちのユニットを増やしてプラン効率を上げることや、《プラン通り》によって直接デッキからサーチしてくるというのも重要。
 《サイバー・チェイス》《B-tan博士》《フロッグナイト・タクティクス》《大陸アルドのフェアリー》《堕天使ムリエル》など、プランのカードを調節するカードは豊富です。「何がいつ出るか」は単なる運では決まりません。


 『覚醒』の長所
 ①並び始めると止まらない!
 一体でも展開し始めるとワラワラと大量に出てくるということ。めちゃくちゃ並びます。
 なんといってもコストが軽いため、1ターンに2、3体のユニットがほとんどエネルギーを使わずに並ぶこともしばしば。

 ②プランから出る(手札が減らない!)
《レディ・カメリア》 ついでにプランから出ているので、手札が減りません。エネルギーも手札も残しつつ攻めることが出来ます。

 ③効果も誘発!
 また、プランから出たらドローやハンデスなどが誘発するユニットも多く、ユニットは並ぶわ、アドバンテージ差がつくわで、大変なことになります。
 そうなればもう勝利は目前! 大量のユニットで相手を圧倒しましょう!


 『覚醒』の短所
 そんな『覚醒』にも弱点はあります。いくつかご紹介しましょう。

 ①ノーマルタイミングである
 皆さんご存知の通り、プランからのプレイはノーマルタイミング、つまり自分のターンのみの行動。
 コストが軽くなるからといって、調子に乗って展開すると、相手のターンに動けないということがあります。
 その際に相手の《七つの海の王子》などに一掃されては元も子もありません。キチンと相手ターンに対応できるようにエネルギーを残しつつ展開したいですね。
王子
 ②一掃されたときの脆さ
 『覚醒』で並べたユニットが一掃されたとき、覚醒を軸としたデッキは窮地に陥ります。
 なぜなら、「『覚醒』の種」であるユニットがいなければ、『覚醒』のウリである大量展開は難しい。
 また前述した通り、覚醒はノーマルタイミングでの行動なため、反撃までワンテンポ遅れるのも厳しいです。テンポを崩されると、立て直しは容易ではないと言えます。

 ③コスト
 いくらコストが軽くなっているとはいえ、限度があります。
 ユニットをフリーズするタイプの『覚醒』であれば、一度フリーズしてしまったユニットは当然そのターン中移動できません。無計画に『覚醒』でプレイしすぎると、攻めるタイミングを見失いかねないので、ご注意を。


 まとめ
 ここまでご紹介した覚醒の特徴を踏まえて、覚醒を主体としたデッキ構築のポイントを挙げていきます。

《プラン通り》 ①序盤から展開できるユニット、ベース(フリーズコスト用)を投入
 ②覚醒ユニットを多めに入れ、《プラン通り》《サイバー・チェイス》などでプラン効率を上げる
 ③相手の動きに対応できるよう、除去ストラテジーなども忘れずに

 レアカードもそんなに必要なく、プランというこのカードゲーム特有のシステムを多用するデッキのため、初心者の方にもオススメのデッキです。
 「始めてみたいけどあんまりお金かけたくないなあ」という方も是非お試しください!

画像版権表示(c)BROCCOLI 
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0初心者講座
*Edit ▽TB[0]▽CO[2]   

~ Comment ~

とても解りやすい記事でいいとおもいます。

ただ、王子の移動スタックフリーズの小技?的なのはとても便利ですが、初心者からしたら気付きにくいところでもあるのでそういうところも解説していただきたいなと思いました。(解説していたりしたらすいません)

Re: a 

ご意見ありがとうございます!

そうですね、近いうちに小技特集的な記事も書きたいと思います。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【【サキュバス】に関するtwitter議論をまとめました!】へ
  • 【買うならこれ! D0オススメ商品紹介】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。