カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 【D0動画】ディメンション・ゼロ対戦動画 ロマンファッティ 送られてきたV2バニラオリジナル能力①
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0初心者講座

安い!【白黒バニラコントロールデッキ】紹介

 
 【D0動画】ディメンション・ゼロ対戦動画 ロマンファッティ 送られてきたV2バニラオリジナル能力①
《大陸アルドのケンタウロスナイト》 カードゲームノートでは、これまでに初心者向けの「安く組めるデッキ」として【青白バニラ】や【フレアロード】を紹介しました。
 が、「他のデッキも組みたい!」
 「○○が売り切れでした!それなしで組めるデッキを教えて下さい」
 というメールを結構頂きます。
 そこで今回は、【白黒バニラコントロール】を紹介します。
画像版権表示(c)BROCCOLI 


 白黒バニラコントロールってどんなデッキ?
 まず「コントロール」とは簡単に言えば「相手の妨害をしてアドバンテージを取る」タイプのデッキです。
 相手の手札を破壊し、ユニットを倒し、ボロボロになった相手が「もうやめて!」と言った所でようやく攻める。そんなデッキタイプだと言えますね。
 だからこの白黒バニラも《呪術研究所》で相手の手札を減らし、「低コスト高パワーバニラ」で相手のユニットを倒していくのが基本戦術となります。


 デッキレシピ
 処刑人レオナルド 3
 魔獣軍団長ヴァサーゴ 3
 冷笑する人形イヴ 3
 錯乱時計パニックヴォイス 2
 呪術研究所 3
 サキュバス・ハーレム 3
 滅びの波動 2

 グレン・リベット 2
 ピパ・ナイト 3
 ロイヤルクラウン・ナイト 3
 ペイントマンクイーン 3
 大陸アルドのケンタウロスナイト 3
 機械竜エスティタート 2
 マザー・シップ 3
 ソーラービーム・サテライト 2



 キーカードの解説
《大陸アルドのケンタウロスナイト》 ・《大陸アルドのケンタウロスナイト》《ペイントマンクイーン》など
 キーカードその1。
 低コスト・高パワーのバニラたちです。たった2コストでパワー6000など超ハイスペック!
 ですが「壊れカード」ではありません。
 よく見るとこいつら、スマッシュ値は0で移動コストが重たい。
 つまり、「パワーは高いけど敵陣に攻めにくい」一長一短のユニットなのです。
 じゃあ何に使うのかと言えば、簡単です。相手のユニットにぶつけるんです。
 D0では、ユニットにユニットをぶつけることでダメージを与え、倒すことができますね。
 それを利用して、こいつらを除去ストラテジー替わりに使用します。相手ユニットのパワーが4000以下なら《ペイントマンクイーン》、6000以下なら《大陸アルドのケンタウロスナイト》で1:1交換を狙うのです。
 例えパワー9000のユニットが相手だろうと、《ペイントマンクイーン》《大陸アルドのケンタウロスナイト》を連続で投下すれば、合計ダメージは10000。十分除去することが可能。
 確かに、こいつらは「攻め」に使えません。
 しかし、コントロールデッキの要である「防御・妨害行為」にはなると言う訳です。

《処刑人レオナルド》 ・《処刑人レオナルド》
 キーカードその2。
 上の「1:1交換する」、「2枚のバニラで、1体を倒す」という話を聞いて
 「それじゃアドバンテージとれないじゃん! 効率悪い!」
 と思った方もいると思います。その効率の悪さを補うのが、《処刑人レオナルド》の役目です。
 《処刑人レオナルド》は、「墓地に送られた時、墓地のバニラを2枚を手札に加える」という能力を持っています。
 すなわち、相手ユニットを倒すために使ったバニラを、また手札に回収することができるのです。
 《処刑人レオナルド》自体も相手ユニットにぶつけてやれば「相手のユニットを倒しつつ、2枚手札が増える」ことになり、大きなアドバンテージを生まれます!

 ・《錯乱時計パニックヴォイス》
 キーカード3。
 言わずと知れた、コントロールの必須パーツ。エネルギーに置くことで能力を発揮します。
 効果は「このカードをフリーズして1エネルギー除外することで、墓地の好きなユニットを1枚手札に戻す」というもの。
 ようするに、何度でも《処刑人レオナルド》を回収できます!

《呪術研究所》 ・《呪術研究所》
 キーカードその4。
 効果が二つあるベースです。一つ目は、同列の味方ユニットのパワーが1000上がる、というもの。
 もう一つは「このベースの列にバニラが置かれた時、相手は自分の手札を一枚捨てなければいけない」というもの。
 これがが強いです。このベースの列なら、バニラを相手ユニットにぶつけた時 「相手ユニットを倒しつつ、ハンデスする」ことになるからです。そのバニラをまた《処刑人レオナルド》で回収すれば、一方的にアドバンテージを取れることになりますね。

 これでデッキの基本がお分かり頂けたでしょうか?
 ①《呪術研究所》の列にバニラを出す
 →②ハンデスしつつユニット除去
 →③《処刑人レオナルド》でバニラ回収
 →④処刑人レオナルド》は《錯乱時計パニックヴォイス》で回収
 →①に戻る
 という繰り返しのコンボで、アドバンテージを取ろうというのが、デッキのコンセプトなのです。


 その他のカード
ロイクラ ・《ロイヤルクラウン・ナイト》《機械竜エスティタート》《魔獣軍団長ヴァサーゴ》
 上のコンボによって、相手の妨害は万全です。ただこのままではスマッシャーが不在。
 つまり「負けないぜ! でも勝てないぜ!」という本末転倒な感じになっているので、それを克服する大型ユニットを3種類入れています。
 ユニットを呼ぶユニットである《ロイヤルクラウン・ナイト》
 対象にならない上、相手のエネ・墓地利用を妨害し、自分の墓地利用を保証してくれる《機械竜エスティタート》
 リリースインの奇襲ユニットであり、墓地回収能力持ちの《魔獣軍団長ヴァサーゴ》
 どれもカードパワーが高くゲームの勝利に導いてくれれます。

 ・《滅びの波動》
 相手ユニット2体倒す! 6コストと重たいストラテジーですが、書いてることが単純に強いです。
 「ダメージを与受けない」ユニットや、相手の陣地に引きこもっているユニットをこれで除去します。

 ・《サキュバス・ハーレム》
 相手のパワーを2000下げるベース。バニラの投下が、より強烈になります。
 (《大陸アルドのケンタウロスナイト》で8000まで倒せるのです。)
 黒いベースということで《魔獣軍団長ヴァサーゴ》ともシナジー。

 ・《マザー・シップ》
 メインフェイズ開始時に山札の一番上をめくり、バニラならドローできます。
 ドロー出来なくてもプラン作成替わりになるので、コストパフォーマンスが高いですね。

《ソーラービーム・サテライト》 ・《ソーラービーム・サテライト》
 相手のベースを何でも破壊できます。汎用性がとても高い。
 このデッキはベースが多めに見えますが、《処刑人レオナルド》は補給(ベースを多く出すほどコストが軽減される)能力を持っています。
 できれば全ラインにベースを張りたいということで、この枚数です。

 ・《ピパ・ナイト》《グレン・リベット》《冷笑する人形イヴ》
 その他のバニラ。《マザー・シップ》の成功率上昇のために多めに投入。
 ちなみに《ピパ・ナイト》は自分のターンにしか出せなくて、スタックもできない「ノーマルタイミング」のカードです。注意しましょう。異様にパワーが高いバニラには、必ずデメリットがあります。


 回し方
 ・序盤・・・ベースを張っていきます。プランにバニラが見えたら、《処刑人レオナルド》での回収に備えて墓地に落としましょう。
 ・中盤・・・上で説明したバニラと《処刑人レオナルド》《呪術研究所》《錯乱時計パニックヴォイス》のコンボでコントロール。上手くいけば、相手は手札0枚。ユニットも0枚のようなジリ貧状態になります。
 ・終盤・・・《ロイヤルクラウン・ナイト》などの大型でゲームエンドに持ち込みます。
       ただ、下手なタイミングでスマッシュしても勝ちきれない上逆転されかねません。
       「絶対勝てる」と確信出来る盤面になってから、攻めましょう。


 このデッキを安く改造するなら
 入れても良さそうなカードを箇条書きにします。

 ・《ナイトメア・ソルジャー》・・・墓地回収ストラテジー。回収手段は《錯乱時計パニックヴォイス》で足りるため入れなかったものの、十分実戦級カード。投入価値アリ。補給がベースとシナジー。

 ・《地の獄の針山》・・・「バトルに勝ったユニットは墓地に置かれる」というベース。つまりバニラを中央投下したら、パワーが勝っていても負けていても相打ちが確定します。コンセプトに合いますが、覚醒しにくく、また使いにくくて初心者向けじゃないため未投入。使い慣れたら入れても良いでしょう。

《因果律の抜け道》
 ・《因果律の抜け道》・・・レシピでは禁呪をうめるべく《滅びの波動》を投入。しかし《ソーラービーム・サテライト》もあることだし、3コスト除去と思えば良いカード。

 ・《鳴り響く斧の乙女》・・・バニラ。3コスト7000は強いが、《大陸アルドのケンタウロスナイト》で足りると判断。環境によっては他のバニラと差し替え可能。
 
 ・《クリスタル・コロニー》・・・「このベースがある限り11点入れられるまで負けない」と、ルールを捻じ曲げるベース。破壊されると脆く、そもそも上手く回せば7点も入らないはずなので未投入。3コストも重めです。が、周りにウィニーが多ければ投入価値アリ。


 このデッキにレアカードを入れるなら
 これは安いカードだけで組んだデッキです。レアカードを入れて強化出来ます。

 ・《幽魔タスヴィーリー》・・・コントロールできるカードであること、リリースインであること。両方の意味があってかなり活躍するでしょう。《魔獣軍団長ヴァサーゴ》と変えてみたい。

《プラチナドラゴン》
 ・《プラチナドラゴン》
 ・《大陸アルドのサイクロプス》
 ・《ドラゴンゾンビ》
・・・紹介したレシピの禁呪カードをこれらに交換すれば、大会レベルのデッキになります。スマッシュ回復や大量破壊をしつつ、3点スマッシャーが登場! そうなればそのままゲームエンドに持ち込める事も少なくないはず。相手の《タクティクス・グラビティ・フィールド》《ソーラービーム・サテライト》があるからなんとかなります。《大陸アルドのサイクロプス》の除外ギミックは《錯乱時計パニックヴォイス》、上記の《幽魔タスヴィーリー》とシナジー。
 
 ・《殺意》・・・ベースが多いデッキの確定除去と言えばこれ。

 最後に
 と言う訳で【白黒バニラコントロール】の紹介でした。
 必須パーツは少ないので、自分なりにアレンジするのが面白いデッキです。ぜひ挑戦してみて下さい。
 通販でパーツを買う際は、使いそうなカードをまとめて多めに購入することをオススメします。使っているうちに差し替えたくなることが、多いですから。
 また、白黒バニラの少し違う型のレシピが、D-allianceさん、ブタ漬けさんで紹介されています。ご一緒にご覧ください。


画像版権表示(c)BROCCOLI 
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0初心者講座
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【【D0動画】ディメンション・ゼロ対戦動画 ロマンファッティ】へ
  • 【送られてきたV2バニラオリジナル能力①】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。