カードゲームノート

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 高い! スターロードデッキ 安め! 白緑スターロード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

D0関連の記事

安め! 白黒スターロードデッキ

 
 高い! スターロードデッキ 安め! 白緑スターロード
 前回高いスターロードのデッキを紹介しました。
 今回はそれを安くなるようにしたもののデッキを解説していきます。

 デッキレシピ・安め! 白黒スターロード

■黒 ユニット
5-1 52 錯乱時計パニックヴォイス2
5-1 47 ディドゥルチャージ3
■黒 ストラテジー
5-1 74 失恋の痛み3
5-1 82 暗黒の衝撃3

■白 ユニット
4-4 64 天魔エーディン3
4-4 70 天魔マナナン・マクリル3
4-4 72 天魔ケルヌンノス2
5-1 127 天魔ベレヌス3
5-1 133 ゼウス3
5-1 136 天魔エポナ3
5-1 142 天魔クー・フーリン3
5-1 154 クリスタル・コロニー3
5-1 47 散り逝くバラ3
■白 ストラテジー
5-1 164 白銀の衝撃3



 キーカード解説

《天魔エポナ》 《天魔エポナ》《天魔エーディン》
 この二人が一番のキーカード。
 相手のカードに「エネルギーゾーン効果」を付けるユニット達です。
 「この人たちを守りきれるか」というのが、スターロードデッキの勝敗を左右しますね。

 《天魔マナナン・マクリル》《天魔ケルヌンノス》
 《天魔エポナ》《天魔エーディン》がいれば驚異の除去能力が使える人たち。

《天魔クー・フーリン》 《天魔クー・フーリン》《ゼウス》《天魔ベレヌス》
 《天魔エポナ》《天魔エーディン》さえいれば、耐性を使うことが出来る人たち。
 《天魔クー・フーリン》はスターロードデッキの中のエースです。
 いきなり中央エリアに登場する上、耐性によってバトルダメージやユニットの除去効果も受け付けません。
 《ゼウス》《シェカラート》と比べると使いにくいものの、いざスクエアを陣取ってしまえば活躍します。
 《天魔ベレヌス》は、好きなユニットに耐性を付けられるのがポイント。
 相手が倒そうとしてきたユニットをクイックタイミングで守ることができるでしょう。


 《散り逝くバラ》《錯乱時計パニックヴォイス》
 これらが《天魔エポナ》と《天魔エーディン》が死んでも復活させるカード。
 逆に、この二枚や《天魔ベレヌス》が揃っていない状態で《天魔エーディン》《天魔エポナ》を出すのは危険。
 下手に動かずに、じっと我慢した方が良いかも知れません。

《白銀の衝撃》 《白銀の衝撃》《暗黒の衝撃》
 これらが、ユニットを特殊出しするカード。
 コストさえ払えれば、デッキ・墓地から好きなユニットを呼び出すことが出来るストラテジーです。
 《白銀の衝撃》に至ってはレアなんですが、どうしても欲しいということでいれてしまいました。
 《天魔エポナ》《天魔エーディン》を呼び出すことはもちろん、
 《天魔マナナン・マクリル》《天魔ケルヌンノス》《ゼウス》を出して除去ストラテジーのように使う事もできます。
 《天魔ベレヌス》をサーチして、《天魔エポナ》たちを守ることも可能ですし、詰めのリリースインにもなる万能カードとなります。
 もし《白銀の衝撃》が手に入らなかった場合は、《暗黒の衝撃》を一枚抜いて、《プログラム・ラグナロク》二枚+黒の強そうなカードでも入れておきましょう。

 ・《失恋の痛み》《ディドゥルチャージ》
 相手の手札を捨てさせるカード。
 《失恋の痛み》はピンポイントで相手のキーカードを叩き落とすために使います。
《ディドゥルチャージ》  一方《ディドゥルチャージ》は覚醒持ちのユニット。《天魔エポナ》《天魔エーディン》が常にスクエアにいるスターロードではそれなりにプレイしやすいです。また、このデッキは手札が増えません。レアカードが沢山使えるなら《ボーイ・ミーツ・ガール》《絶対的終身雇用》を入れる所ですが、今回はそれもありません。
 ということで 「むしろ相手の手札も減らしてしまおう」という発想で《ディドゥルチャージ》を入れました。
 そして何より、これが強いというよりは「初心者向けのデッキだ」ということを意識して投入した意味合いが大きいです。
 というのも、《ディドゥルチャージ》はプランからプレイしないと能力が使えません。手札に引いたら使えないというのが弱みなのですが、それこそがポイント。
 「手札に引いたら弱い」 のだから、「手札に来たら迷わずエネルギーゾーンに置く」 ことが出来ますね。
 そういう意味で使いやすいカードだと言えます。
 D0は選択肢が非常に多いゲームです。
 最初はその選択肢に振り回されて「何をエネルギーゾーンに置いたら良いか分からない」こともよくあります。
 「黒いカードをエネにセットしないと黒いカードは使えない。でもどのカードをエネにすべきか分からない……。」
 ということになりにくいように、エネに起きやすい覚醒のカードを入れたのです。
 慣れてきたら、他のハンデスカードや《調整体ノゼ》《絶対的終身雇用》などにしましょう。


 デッキの回し方
 序盤 まずは場を整えましょう。《散り逝くバラ》《天魔ベレヌス》を出して、《天魔エポナ》《天魔エーディン》を守る準備です。《失恋の痛み》などで、相手の手札の様子を覗いたりするのも良いでしょう。
 中盤 《天魔エポナ》《天魔エーディン》を出します。これで戦う準備は整います。《天魔クー・フーリン》《ゼウス》で場を制圧していきましょう。《天魔マナナン・マクリル》で相手のエネルギーゾーンの《錯乱時計パニックヴォイス》などを除去することも可能ですね。
 中盤2 相手が《天魔エポナ》《天魔エーディン》を倒そうとしてきます。《天魔ベレヌス》で守り、《散り逝くバラ》で復活させ、《錯乱時計パニックヴォイス》で回収しましょう。とにかくこの二人を場にキープさせないと、先ほど出した《ゼウス》なども弱体化してしまいいます。《白銀の衝撃》《暗黒の衝撃》で好きなユニットを呼び出したりもしていきます。ここは選択肢が多いので、デッキの中身を良く覚えておく必要があるでしょう。
 終盤 《クリスタル・コロニー》を出します。これで自分は11点入れられるまで敗北しなくなります。そして《天魔ケルヌンノス》で相手を除去しつつ攻めましょう。後1、2点で勝てる状況になったら、《白銀の衝撃》《暗黒の衝撃》でユニットをサーチし、そのユニットでスマッシュすれば勝てることも多いはずです。


 改造するなら
 まずは前回の記事のレアカードが集められないか考えてみましょう。《ボーイ・ミーツ・ガール》《光の天使ピース》は特に欲しいカードです。その他に入るカードとしては

《声なき声》  《天使たちの決意》・・・相手の特殊出しユニットを1コストで潰すストラテジー。
 《エヴァンジェリカル・エンジェル》・・・相手の特殊出しを妨害するユニット。
 《声なき声》・・・エネを増やしつつ除去が出来るカード。覚醒も狙いやすいです。
 《プラチナドラゴン》・・・実は入り得るかも知れない(?)フィニッシャー。



ヴァナ まとめ
 という訳で安めの白黒スターロードデッキ紹介でした。
 Ⅳ-4やV-1、V-2のパックを中心に買ってみたり、通販サイトでパーツを集めてみて下さい。購入の際は、使いそうなカードを色々まとめ買いすることをお勧めします。「やっぱりあれも欲しかった」と思った時に手元にある方が絶対調整がしやすいです。

 スターロードはまだまだ「これだ」というレシピが定まっていないデッキ。
 日本各地にオリジナルスターロードを作っている方が沢山いらっしゃいます。このデッキも使いながら色々アレンジしていくことができるはず。そのカスタマイズ性も楽しんでみて下さい。
 実は先日、四十四万四千四百四十四階ブログの赤鴉さんに「安い白緑スターロード」のデッキレシピも教えて頂いた所です。
 そちらのデッキも、一週間以内に紹介したいと思っております。
 ではまた次回。

画像版権表示(c)BROCCOLI 
関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   D0関連の記事
*Edit ▽TB[0]▽CO[5]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle 

こちらこそ、記事のアイディアの提供をありがとうございました。
ぜひまたコメントください。

本当に、構築済みがあれば良いですね。
D0の面白さをもっと沢山の人が味わえるようにするには、スターターが必須。
ブロッコリーさんの努力に期待したい所です。

 

はじまして、いきなりですが光の巫女ホリプパを主役にデッキを作りたいのですが…良かったらレシピ等のアドバイスをお願いします

Re: タイトルなし 

 LANさん はじまして。
 主役というのは難しそうですね。少し考えてみます。

 

ありがとうございます

色々考えてもうまくいかなくて…

気長にまっておりますので、急がなくて大丈夫です
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【高い! スターロードデッキ】へ
  • 【安め! 白緑スターロード】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。